妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約 妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約
京野アートクリニック高輪

刺激周期について

刺激周期

  • 刺激周期とは、一般的に、月経時から採卵までの間、毎日、排卵誘発剤の注射を行う方法です。
    (これに対して「低刺激」という方法があり、これは、内服薬を併用し、これより注射の回数や量が少ない方法です)
  • 採卵の時に、採卵針で卵胞を穿刺し卵子を採取した場合、卵胞1個あたり成熟卵が採取される可能性は70~80%程度、成熟卵が得られた場合、受精率は70~80%程度、その後の分割も100%ではなく質も様々です。
  • 刺激周期のメリットは、(1)複数の卵子を得ることによって、1個も受精卵が得られないなどの可能性が低く、複数受精卵があれば、よい受精卵が含まれる可能性も高まること、(2)複数の凍結胚を得られる可能性が上がることなどが挙げられます。
  • デメリットとして、(1)毎日注射を打つ必要があることによる身体的・心理的・経済的負担、(2)卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の可能性、などがあります。重症OHSSにならないよう十分注意して治療を行いますので、重症OHSSの頻度は高くありませんが、100%発症を防ぐことは不可能であり、入院加療が必要になったり、血栓症を併発したりすることも考えられます。

ロング法

  • 37歳以下で卵巣機能に問題ない方が適応となります。
  • 適応を満たす方の場合、1回採卵あたりの妊娠率、胚凍結できる確率が高い方法で、当院の標準的な卵巣刺激法の1つです。
  • 治療周期の前の周期に、必ず準備の周期(前周期)が必要です。
  • 目標採卵数は6~15個ですが、女性の年齢や卵巣機能によって個人差があります。
ロング法

ショート法

  • 38歳以上の方、37歳以下でも卵巣機能が低下していたり、発育卵胞数が少ない場合、他の方法で妊娠しなかった場合などに用います。
  • 前周期を行うこともありますが、必須ではありません。
ショート法

アンタゴニスト法

  • ロング法と並んで、当院の標準的な刺激周期の1つです。
  • 全年齢の多くの方に行える方法ですが、卵巣過剰刺激症候群(卵巣刺激により卵巣が腫大し、腹水・胸水貯留する状態。詳細別途説明あり)を起こしやすい方や、ロング法・ショート法などで妊娠しない時に選択されます。
  • 前周期を行うこともありますが、必須ではありません。
  • 目標採卵数は6~15個ですが、女性の年齢や卵巣機能によって個人差があります。
アンタゴニスト法
施設案内

診察時間

※日曜は隔週(9:00~14:00)で診療いたします。詳しくはこちら
※祝日も休まず診療いたします。

ご予約お問い合わせ

電話予約

京野アートクリニック高輪
〒108-0074 東京都港区高輪3-13-1
TAKANAWA COURT 5F
TEL.03-6408-4124 FAX.03-6408-4125