妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約 妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約
京野アートクリニック高輪

不妊治療の検査方法

必要に応じて、以下の検査を行います。

ホルモン検査(採血)

・月経開始2~4日目(FSH、LH、PRL、E2、T)
・排卵直前(E2、LH)
・排卵後5~7日目(E2、P) ホルモン.png

子宮卵管造影(月経終了後~排卵の前)

頸管粘液検査(排卵直前)

・卵胞チェックを行う時に、頸管粘液検査を行います。
・超音波検査の結果と、頸管粘液の量、状態(色、粘稠性など)を合わせて、排卵のタイミングや自然妊娠の可能性をみます。
・排卵直前であるにも関わらず、頸管粘液が少ない、粘稠性は低いなどの場合は、自然妊娠の可能性が低下するので、人工授精が有効です。
・クロミフェン(クロミッド、セロフェン)により頸管粘液は減少します。

フーナーテスト(排卵直前)

超音波検査

子宮鏡検査(月経以外の時期)

卵管造営.png ・子宮鏡では、ポリープや子宮筋腫などの異物や子宮形態異常の有無が分かります。
*ただし、子宮着床の能力が直接わかるものではありません。
・超音波検査で異常がなければ、ほとんどの場合、子宮内には問題ありません。
・子宮内に、子宮内膜ポリープや子宮粘膜下筋腫があると妊娠率が低下し、大きな子宮粘膜下筋腫や子宮奇形があると流産率が上昇することがあります。


抗精子抗体

頸管粘液、子宮腔、卵管内、卵胞液内などに存在し、抗精子抗体が精子と結合すると、精子が運動を停止するものです。
陽性の場合、自然妊娠や人工授精での妊娠の可能性は極めて低く、体外受精(顕微授精)を行うことを勧めています。

施設案内

診察時間

ご予約お問い合わせ

電話予約

京野アートクリニック高輪
〒108-0074 東京都港区高輪3-13-1
TAKANAWA COURT 5F
TEL.03-6408-4124 FAX.03-6408-4125