妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約 妊活セミナー(無料)開催中 電話で予約 Webで予約
京野アートクリニック高輪

タイミング指導

排卵の直前がもっとも妊娠しやすい時期ですので、夫婦⽣活のタイミングを排卵に合わせることが妊娠への第⼀歩となります。排卵⽇の予測には基礎体温だけではなく、卵胞の⼤きさ、経管粘液の量、LHサージなどを組み合わせて総合的に判断することが必要です。

その理由は、

  • 基礎体温は卵巣でのプロゲステロン(⻩体ホルモン)の分泌を反映しています。排卵前にはプロゲステロンはほとんど分泌されていませんが、排卵すると卵巣に⻩体ができてプロゲステロンが分泌されるようになります。このプロゲステロンに体が反応して体温が0.3〜0.5度上昇します。これが、基礎体温が低温期と⾼温期の2相性を⽰す理由です。
    ※以前は基礎体温が低温から⾼温に移⾏する⽇が排卵⽇と考えられていましたが、実際に基礎体温と排卵⽇の関係を調べてみると必ずしもそうではないことがわかってきました。基礎体温と排卵⽇の関係は⼤きく分けて

    (1)基礎体温があがる2〜3⽇前に排卵する
    (2)低温相の最終⽇に排卵する
    (3)基礎体温があがってから排卵する

    の3つのタイプがあります。よって基礎体温だけで排卵⽇を特定するのは困難です。

  • 排卵が近づくにつれて卵胞の⼤きさが⼤きくなっていきますが、卵胞の⼤きさが20mm前後になると排卵がおこることがわかっています。そのため、超⾳波で卵胞の⼤きさを測定すると排卵⽇の予測に役⽴ちます。
  • 排卵が近づくと、⼦宮頚管粘液の粘性が下がり、量も増えます。これを確認して夫婦⽣活を営めば妊娠しやすくなります。
  • 排卵前には排卵をおこすLHというホルモンが下垂体から分泌されます。このホルモンは急峻な⼭を描くように分泌され、⼀気にピークに達します。これをLHサージと呼びます。LHサージがあってから24〜36時間後に排卵が起こります。LHサージは排卵のスイッチのようなもので、これを検知すると排卵⽇を予測することができます。尿を検査してLHサージを検出する試薬がありますので、これが陽性になった時に夫婦⽣活を持たれると妊娠する可能性が⾼くなります。
    ただ、LHサージの検査薬が万能というわけではありません。LHは排卵以外の時に値が上昇することもあります。そのような場合には排卵⽇以外でも検査が陽性になってしまうことがあります。また、LHサージの時間は6時間以内なので、朝と⼣に検査してもLHサージが検出できないこともあります。

当院ではこれらを総合的に判断し、妊娠にベストなタイミングをお伝えしています。

施設案内

診察時間

ご予約お問い合わせ

電話予約

京野アートクリニック高輪
〒108-0074 東京都港区高輪3-13-1
TAKANAWA COURT 5F
TEL.03-6408-4124 FAX.03-6408-4125